モダーン今夜TOP > ニュース

キーボードのタム、バンド卒業のご報告


モダーン今夜を応援してくださる皆様へ


この度、9月11日のライブをもちまして、キーボードのタムがバンドを卒業することになりました。
モダーン今夜のサウンドを支えてきてくれた彼がいなくなってしまうのは、とても残念ではありますが、
彼の今後の人生にとっての前向きな決断ですので、どうかご理解頂ければ幸いです。

メンバーにとっても突然の出来事だったため、今はとても困惑していますが、新たなモダーン今夜として、
これからもカラフルなサウンドで良質な音楽を創り、皆様へお届けできるよう歩んでいく所存です。

11日のNUNO JAZZ FESTAはタムと奏でる最後のライブ。心を込めて最高のステージをお送り致します。

今後とも変わらぬご声援を賜りますよう、宜しくお願い致します。

2011.9.7
モダーン今夜メンバー・スタッフ一同

 

■タムより皆様へご報告

モダーン今夜ファンの皆さん、今回は急な発表で驚かせてしまい申し訳ありません。

私タムは、9月11日をもってモダーン今夜を卒業する事になりました。

モダーンは私にとって第二の家族のような存在でした。
「友達」でなく「家族」と呼べる仲間がいる。なんて幸せな事だろうと、改めて感じます。

「良い音楽を届ける」という同じ目的に向かって、10年近く一緒にやってきた仲間です。
意見をぶつけ合って、徹夜もいとわず考えて、

ビジネスを抜きでもそんな事ができる輪の中にいた。そしてその中で互いに音楽的にも人間的にも成長できた。
その事を本当に幸せに思っています。

脱退の理由ですが、今更「音楽性の違い」などではありません。
第二の家族なのに、そんな理由はあり得ません。

特に隠していた訳ではありませんが、私は音楽を本業とせず、別の種類の仕事をしています。

今回の卒業は、私が今後の人生として選択した事によって、物理的(場所的)に
モダーンとして活動が出来なくなった、というシンプルなものです。

その決心をした時、一番心に引っかかったのはモダーン今夜でした。
他のものはなんとかなっても、モダーンのような仲間はもう二度と出会えない、作れないでしょう。
ライブも勿論そうですが、私にとっては特に曲作り、レコーディングの作業は人生で一番楽しく、苦しく、自分らしくいれる時間でした。
かけがえのない仲間と、もう音楽活動ができなくなる。正直今でも、後ろ髪引かれる思いでいっぱいです。


とは言え、精神的にモダーンと離れたわけではないので、今後、何かで関わらせてもらうかもしれません。
レコーディングがしたくてたまらなくなるかもしれませんし(笑)
ですがこればかりは全く白紙の状態です。私もモダーンも、絶えず変化をしているので。

ひとまずは、皆さんどうかお元気で。
私も含め、今までモダーン今夜が頑張ってこれたのは、皆さんの温かい応援が
あったからです。紛れもない事実です。
本当にありがとうございます。
そして、これからもモダーンへの応援を宜しくお願いします!

 

タム




今週末は
タム最後のステージ『NUNO JAZZ FESTA2011』@沼袋です!

『NUNO JAZZ FESTA2011』
日時:2011年9月11日(日) 12時~20時
場所:沼袋氷川神社(西武新宿線 沼袋駅北口 徒歩2分)

モダーン今夜の出番はおそらく18時以降だと思われますが、
他の出演者の方々も素晴らしいので、是非一日中楽しんでください!

出演バンド等、詳しくは下記ウェブサイトをご覧ください。
http://nunojazz.cinq-rivage.com/

当日はテントにてCDやTシャツ、グッズも販売しております。
引き続きチャリティーグッズも販売しますので是非お立ち寄りください。


このエントリーをはてなブックマークに追加